Blog

TextExpanderのFill-inのDefaultを加工するのは無理だった

昨日のエントリ
この方法で動いたつもりでしたが、展開できないという連絡をいただき試したところ確かに展開されませんでした


でご紹介した方法は、Fill-in に日付が入ってあたかも実現できていたかのように見えて、OK を押しても展開されないという情けない結果に…

申し訳ありませんでした。



今回、改めて課題にチャレンジし直しました。



昨日の結果から TextExpander の動きを想像すると、Contens の内容を処理するのが先に行われ、その処理の結果としてマクロを差し込んでも、差し込まれた内容は既に処理されている Content の部分になるので再処理が走らないということのようです。

JavaScript などであれば、eval で強制的に処理を走らせたりもできるのでしょうが、TextExpander の場合はそうもいきません。



そこで、そもそものニーズだった Fill-in で値を入れたらそれを使って、Fill-in に値を入れなければ今日の日付を入れる、というものを、強引に Ruby で書くことにしました。



ちょっとアレですが、こんなスクリプトを Content に Shell Script モードで入れてください。




実行すると、このようなイメージでFill-inが表示されます。手動で設定したい時には、この Fill-in 部分に入力すれば、それが出力されます。何も入力しないで OK を押せば今日の日付が入力されます。

NewImage

なかなか手ごわい課題でした




TextExpander for Mac 3.4.2 (¥3,000)App

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

販売元: SmileOnMyMac, LLC – SmileOnMyMac, LLC(サイズ: 5.2 MB)



TextExpander 1.2.5 (¥450)App

カテゴリ: 仕事効率化

販売元: SmileOnMyMac, LLC – SmileOnMyMac, LLC(サイズ: 3.2 MB)





関連するエントリ














最後まで読んでいただきありがとうございます。

follow us in feedly 左のアイコンをクリックして、このブログを Feedly に登録していただけると嬉しいです


Facebook ページでも情報を発信していますのでよろしかったら「いいね!」をお願いします

RSSリーダへの登録は こちら からどうぞ。

URL
TBURL

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フェイスブックでのコメント

Return Top